「節約術お伝え企業」としての情報提供サイト

車購入で節約(中古車編)

節約術車購入で節約(中古車編)

車購入で節約(中古車編)

新車はやっぱり高いので中古車で。とお考えのお客様もそれでも高額な買い物である中古車を安心して買いたいとみなさん思われているでしょう。

【これまでの中古車の買い方】
中古車店で買うしかし購入の際は”欲しい”という気持ちが先に立ってしまい予算的に無理をしたり、実際の目的にあわずに後悔する事もしばしばあります。

①はじめ 中古車情報誌やネットで探す

中古車情報誌は月間2回程度またインターネットサイトで探します。掲載されたときには売れていたり、希望車ある店が遠かったりします。
私たちの松山もそうですが四国は流通面で不便なので、お客様に多種多様な商品の提供ができにくい環境にあると思います。これだけたくさんの情報の中から選べるのはないと思います。

②そして 2,3軒中古車店にあたってみる

お客様で「実車を見ないと買わない」という人がよくいます。でも私から言わせると「お客様が実車に乗って分かる情報はどのくらいあるのですか?」ということです。中古車店に行っても中古車業者は査定表を見ながら車両を仕入れているからポジティブな情報もネガティブな情報も持っているのに詳細情報は決して教えません。「程度がいい。走行距離が、、価格は、、、装備品は」とかお客様がみて分かるポジティブな情報だけです。なぜ教えないか。理由は正直に言うと売値が下がるからです。
お客様にとっても2,3軒まわる時間を使ったり、ついてなくてもいいオプションが着いていたり、査定表をみればエンジントラブルを抱えている車であるのが分かったり、事故車だったり。こういったリスクを現状の中古車店ではなかなか回避できません。

③買う

で、買うんです。高いお金を出して。でしばらくして不具合が出て買った中古車店に言っても「中古車ですから仕方がないですね」でうまく逃げられてしまいます。中古車はノークレームです。価格を最終的に決定するためには、車種・年式・走行距離・査定表が必要になります。この査定表が分からない状態での価格決定はあいまいになってしまいます。

車の価格は6種類あります

車の価格は実は6種類あります。1番高い価格帯はもちろんですが「新車」です。誰も乗っていない、自分がオーダーした新車の優越感は心地よいものが確かにあります。

  • 新車価格:新車の販売価格
  • 店頭価格:中古車の店頭販売価格
  • 業販価格:中古車の業者間の売買価格
  • オークション価格(流通相場) ←当店はここが基準
  • 買取価格:オークション相場を予想し利益分を差し引いて買取る価格
  • 下取価格:新車または中古車への乗換えを条件に買取る価格

1番高い価格帯はもちろんですが「新車」です。誰も乗っていない、自分がオーダーした新車の優越感は心地よいものが確かにあります。
2番目が「中古車」です。お客様が通常中古車として購入する価格です。
3番目が「業販価格」です。これは業者同士が取引している価格です。
4番目が「オークション価格」です。業者専門のオークション会場で取引されている価格です
5番目が「買取価格」です。4番目のオークション相場から利益を差し引いて買取る価格です。
6番目が「下取価格」です。新車または中古車への乗り換えを条件に買取る価格です。

これらを見ると

車を買う時には1から4の中で4のオークション価格になるほど安く
車を売る時には4から6の中で4のオークション価格になるほど高く

なります。だからお客様にとって買う時でも売る時にもどちらもお得になるようになればお客様が本当にご満足できますよね。

業者専門オークションから卸売価格で仕入れ・売却

お客様がお車を買う時にも売る時にも、本当にご満足いただきたい。そのために当店は「オークション価格」を基準として買う時も売る時もお客様にご提供しています。

国内の販売台数が伸び悩んでいることと軽自動車人気、ガソリン価格の上昇(スミマセン)で「月々の支払いをどうやって抑えるか」にお客様の関心が集まっています。
新車はただ普通に買ってしまえば、どうやっても「1~2万キロ走行した中古車価格より安く買える」なんてことにはなりません。だからこそ今ある購入方法の中でお客様に合ったものをお選びいただきたいと思います。

現金で買う場合 オススメ度★★★☆☆

「カーディーラーは一番利益を多く獲るプロですから注意して交渉してください。」とお話しましたが、ひとつひとつの商品の取引ごとに設定している利益額は最も高いです。ディーラーの看板を背負っているからブランド=安心料ととらえればある意味当然なのですが節約志向のお客様には次のリスクに注意しないといけません。

  • 新車値引きの限界が分からない
  • 下取り車を値引き材料に使うことで、ごちゃ混ぜになって、かえって分からなくなる
  • 不要な諸費用を取られていることがある
  • 他社で買ったほうが安いオプション・サービスを購入する

このあたりの予備知識がないお客様

中古車販売店の仕入価格で車を購入することができます。

通常、中古車販売店は仕入金額に利益のほか、人件費、広告費、販売管理費などが上乗せされた金額が店頭販売価格となっております。一方、当社では仕入価格(いわゆる業者の原価)プラス一律の手数料が販売価格になります。
中間マージンをカットすることでお客様にお得に提供することができます。

全国からご希望のお車をお探しします。

本当に欲しい一台を探すとき、何店舗もお店を廻らないといけませんよね?しかも、希望の車が見つからない事もしばしば・・・一方、当社では北は北海道から、南は九州まで全国のオークション会場で、毎週約20万台の中古車が流通しています。その中から、あなたのご希望に沿った1台をお探しいたします。

事故車、メーターを巻き戻した車を買う心配はありません。

中古車オークションでは、プロの検査員が車を1台1台細かくチェックを行い、詳細を出品票という車の状態と評価を表すものを作成します。そこには、事故車であれば損傷を受けた部分、修復の状態も明記されています。メーターの巻き戻しもオークション会場でチェックされます。そのような車は事前に知ることができるので安心して良質な中古車を選ぶことができます。当店では仮にお客様からご要望があっても事故車・修復歴車の販売はいたしません。

車両代、手数料、諸費用は全て中身を開示しています。

当店はオークションで購入した車両代、手数料、諸費用などすべてオープンにお客様にお伝えしています。お見積り相談の時点でもガラス張りですべて開示しています。お客様に「透明性」の部分でも安心いただきたいと考えています。

節約術一覧

ガソリン代節約術
ガソリン・軽油が最高51円/L安くなる。
お客様とより結びつきが深くなったお客様に対しては、ありがとうの感謝の気持ちを込めて、購入された商品やサービスに応じてガソリン・軽油代金のキャッシュバックで喜んでいただこうと考えています。
車購入節約
大きな金額が動きますので、情報を見誤るとかなりのムダな金額を業者に支払うことになりかねないのでポイントをしっかりと抑えて賢い買い物をしてください。
車売却節約術
長年乗った愛車を売却するためにお客様が本当に知らなければ損をする「車売却の価格が決まる仕組み」についてご説明します。
車検の節約術
車検とひとくくりにとらえるケースがありますが、厳密に言えば「車検」と「整備」に分別されます。「車検」は法律で定められた箇所が正常に作動するかの検査に合格した結果「車検証」がいただけます。
お車の修理や
メンテナンスの節約術
お車を長く乗っていただくための修理・メンテナンス、自動車パーツ交換や取付も受け付けております
傷直し
ちょっとしたすり傷やへこみの時、また事故を起こしてしまった時にどこに持っていけば良いか分からない。そんな時には、ぜひ安心して当店にお任せください。
事故の時に
損をしない節約術
交通事故を起こせば誰でもパニックに陥ってしまいますが、自分が無事なのであれば相手が怪我をしていないかどうか確認し、第三者からの二次的な事故を防がなくてはなりません。
タイヤ販売
タイヤはお客様の命を預かっています。タイヤの交換時期については、メンテナンス時に状態をご報告しながら、いつ頃買うべきか、どんなタイヤがいいのかをお客様のご要望を伺いながらアドバイスいたします。
格安レンタカー
通常レンタカーの半額!月に10日以下しか車に乗らない方にオススメです。ビジネスレンタサービスは繁忙期および人員の増減に応じて必要なときに必要な台数を月極めなどで貴社の都合に合わせてレンタルできます。
TOPへ
CONTACT
お問い合わせ
車購入で節約(中古車編)